ル・マン24時間PRESSBACK NUMBER

ピットに持ち込まれた「改善」。
より強いチーム作りを友山副社長に聞く。

posted2019/07/09 16:30

 
ピットに持ち込まれた「改善」。より強いチーム作りを友山副社長に聞く。<Number Web> photograph by TOYOTA

昨年の初優勝時のトロフィーと共にル・マンのホームストレッチを走った友山副社長。

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph by

TOYOTA

「さあ、すべての観客を惹きつけて、熱狂させてやろうじゃないか。最後に我々にとって、すごく大切なモットーを確認しよう。みんな準備はいいかい? ワン・フォー・オール、オール・フォー・ワン!」

 監督から現場のスタッフ、チームの運営に携わるすべての人間が狭い部屋に集まり、一斉に鬨の声を上げる。お互いの決意を確認するためだろう、同僚と改めて固い握手を交わす人間もいれば、ひとり静かにぐっと拳を握りしめる者もいた。

 これはラグビーの試合ではない。驚くなかれ、WEC(FIA世界耐久選手権)の最終戦、ル・マン24時間耐久レースに出場したTOYOTA GAZOO Racingで、6月15日決勝当時の朝に行われたミーティングの模様である。声の主はWECチームの代表、村田久武だ。

 この光景は衝撃的だった。

トヨタ2000GT、スープラなどの系譜。

 そもそもモータースポーツの世界は、欧米型の典型的な階級社会であり続けてきた。頂点にはチームの顔でもあるドライバーが立ち、その隣には監督や首脳陣が並ぶ。そしてレースエンジニアやメカニック、そしてサポートスタッフの順にヒエラルキーが存在しているのが常識だった。

 ドライバーやエンジニア、メカニックが分け隔てなく床に座り、一緒にミーティングに出席している場面など見たことがない。トヨタは新たな組織カルチャーをモータースポーツの世界に持ち込もうとしている。

 それと同時に改めて痛感したのは、トヨタがレースに参加していることの意外性だった。

 むろんトヨタには、スポーツカーやモータースポーツの伝統も脈々と受け継がれてきた。1967年に登場したトヨタ2000GTは、日本の自動車産業界が産んだ初のスーパーカーとして007の映画でも採用されたし、今年の5月にはその系譜に連なるトヨタ・スープラの最新モデル、GRスープラが発売されて熱い注目を集めている。

【次ページ】 生産効率を追求する会社が、なぜレースを?

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

村田久武
友山茂樹
中嶋一貴
小林可夢偉

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ