ブンデス・フットボール紀行BACK NUMBER

フンメルス復帰、長谷部の仲間は?
オフもお祭り騒ぎのドイツ市民。 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/23 12:00

フンメルス復帰、長谷部の仲間は?オフもお祭り騒ぎのドイツ市民。<Number Web> photograph by Getty Images

マッツ・フンメルスの古巣復帰に、サポーターたちは早くも湧き上がっているようだ。

フンメルス復帰に高まる期待。

 そのほか、最近取り沙汰されている注目の移籍動向は、バイエルンDFマッツ・フンメルスの古巣・ドルトムントへの復帰です。

 フンメルスはケルンに近いベルギッシュ・グラートバッハという街の出身なのですが、彼が6歳の1995年にバイエルン下部組織へ加入し、2006年にプロ契約を交わしたものの、このときはトップチームで1試合の出場に留まりました。

 2008年1月、一念発起してドルトムントへ期限付き移籍し(後に完全移籍)、ここで大躍進を果たして2回のリーグ制覇、そしてDFBポカール獲得。2012-13シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進むなど、我らが香川真司(ベシクタシュ/トルコ)らと共にクラブの栄光に寄与しました。

 ところが、そんなフンメルスが2016-17シーズンからバイエルンへ移籍したものだからドルトムントサポーターはおかんむり。マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レバンドフスキといったスターをバイエルンに引き抜かれてきたドルトムントとしては、さもありなんです。

 そんなフンメルスが、2016年にバイエルンから戻ったゲッツェと同じく『BVB(ベーファーベー。ドルトムントの愛称)』でプレーするとなれば、サポーターの期待値は高まるばかりです。

情報量に驚愕したブンデス情報番組。

 地元のサッカーファンがブンデスリーガの移籍情報をどのように入手しているかというと、まずは従来の新聞や雑誌、そして最近はネットを閲覧することでリアルタイムに情報を得られるうえに、ブンデスリーガの放映権を持つ『Sky』というテレビ局が有料放送と別に無料で『Sky Sports News』という番組を終日放映していて、この放送を観ている方が多いのではと感じます。

 僕も本格的にドイツでの生活を始める際に、この『Sky Sports News』の存在を知ってある意味驚愕しました。そのコンテンツや情報量が尋常ではなかったからです。

『Sky Sports News』では連日、レポーターが各クラブのチーム動向を知らせてくれます。シーズン中は試合前日、もしくは前々日に開かれるプレスカンファレンス(監督会見)が必ず中継されますし、試合当日や翌日には試合検証番組や識者による討論会、スペシャル放送として現役選手がスタジオに登場してインタビューを受けたりもします。

 そして、シーズンオフは各チームの来季の展望と共に移籍関連の話題が連日伝えられ、誰かの移籍が成立した際にはリアルタイムで選手の表情がカメラに映し出されたりします。放送内容は突発的なトピックが発生した場合のフラッシュニュース以外は同じ内容を繰り返す形態ですが、24時間いつでも視聴できるので、僕は自宅のテレビを『Sky Sports News』チャンネルに合わせて、仕事をしながら流し見しています。

【次ページ】 スーパーに並ぶホワイトアスパラガス。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フランクフルト
バイエルン
ドルトムント
ルカ・ヨビッチ
セバスチャン・アレ
アンテ・レビッチ
マッツ・フンメルス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ