マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

今年のドラフトは大学生捕手が目玉?
北海道には再来年の1位候補も登場。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/06/20 11:40

今年のドラフトは大学生捕手が目玉?北海道には再来年の1位候補も登場。<Number Web> photograph by Kyodo News

強肩とキャッチングの評価が高い東海大4年・海野隆司捕手。キャッチャーに悩む球団は喉から手が出るほど欲しい存在だろう。

明治復活で幕を閉じた春、さぁ夏は?

 北海道からは、東京農大北海道の捕手・古間木大登(2年・183cm86kg・右投左打・遠軽高)が、ひと足先に「候補」に挙げられていた。こちらも技術的にはまだ粗けずりだが、スケールの大きなプレーが魅力の大型捕手。星槎道都大・松田彪瑠には、追いかける“目標”として格好のライバルができたことになる。

  今年の選手権の準決勝と決勝は、梅雨明けみたいなさわやかな快晴のもとで行われた。  

 優勝を飾った「明治大学」が38年ぶりの日本一と聞いて、へぇーっと思った。もっとちょいちょい優勝しているような印象があったからだ。それだけに辛抱の時間の長さに敬意を表しながら、心より「おめでとうございます」と申し上げたい。

 学生野球の春が終わって、アマチュア球界は高校野球と都市対抗の夏へと向かっていく。

関連記事

BACK 1 2 3 4
八木風磨
海野隆司
佐藤都志也
郡司裕也
藤野隼大
松田彪瑠
古間木大登

大学野球の前後の記事

ページトップ