ゴルフPRESSBACK NUMBER

全米OPで意外な好スコアが続出。
ローズ、マキロイ、ケプカ、松山。

posted2019/06/14 16:30

 
全米OPで意外な好スコアが続出。ローズ、マキロイ、ケプカ、松山。<Number Web> photograph by Getty Images

首位スタートに手ごたえを感じたコメントを残したジャスティン・ローズ。固いと言われたグリーンを見事に攻略した。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 今年の全米オープンは、本来なら、ブルックス・ケプカの3連覇なるか、それともタイガー・ウッズのメジャー16勝目が達成されるか等々、明るい話題が多いはずだった。

 だが、開幕前は、選手も大会を主催するUSGA(全米ゴルフ協会)も、そして世界のメディアも、晴れ晴れした表情になり切れない事情があった。

 USGAは「真のチャンピオン」を選び出すために全米オープンの舞台に最難関のコース設定を施してきた。それが「難しすぎるコース」だという声は90年代から聞かれていた。

 だが、ここ5、6年は「アンフェアなコース」「アンプレアブルなコース」だという激しい批判や不平不満が大勢の選手たちから噴出。「ボイコットを考えていた」と明かした選手たちもいたほどだった。

開始前はコースに文句を言っていたマキロイが。

 一方、一昨年も昨年も快勝し、今年は3連覇に挑もうとしていたケプカは「言い訳は聞きたくない。フェアウエイとグリーンを捉え、戦うに足るプレーをしていれば、何の問題もない」と言い放ち、米メディアはこぞって「ケプカの強気な『戦うに足る』発言」を取り沙汰した。

 そんな中、批判派の急先鋒的な存在であるローリー・マキロイは「もう一度、USGAにチャンスをあげよう。今年(コース設定が)うまくできなかったら(もはや)問題だ」と開幕前から言っていた。

 だが蓋を開けてみれば、初日のマキロイはパットが冴え、3アンダー、68で8位タイ発進。「グッドスタートが肝心だ。全米オープンで求められることをした。1ホール目でボギーを叩いたが、残り17ホールで4つ伸ばし、ノーボギー。いい仕事ができた」とご満悦の様子だった。

【次ページ】 ジャスティン・ローズ「グッドスタート」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ブルックス・ケプカ
タイガー・ウッズ
ジャスティン・ローズ
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ