ゴルフPRESSBACK NUMBER

全米OPで意外な好スコアが続出。
ローズ、マキロイ、ケプカ、松山。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/14 16:30

全米OPで意外な好スコアが続出。ローズ、マキロイ、ケプカ、松山。<Number Web> photograph by Getty Images

首位スタートに手ごたえを感じたコメントを残したジャスティン・ローズ。固いと言われたグリーンを見事に攻略した。

「ザ・メジャー・マン」の状態は?

 さて、世界のゴルフ界が抱いている最大の興味関心は、果たしてケプカ自身が「戦うに足る」ゴルフを今年も披露できるかどうかである。

 初日のケプカは出だし6ホールで4つ伸ばす「最高のスタート」を切った。だが、ショットがやや乱れ気味で、パットも決めどころを決め切れず、後半は2ボギーを喫し、2アンダー、69で16位タイ発進。彼にとっては不本意なスタートと感じているのかと思ったが、ケプカは落胆してはいなかった。

「フェアウエイとグリーンを捉えられなければバトルになる。その意味で今日の自分のプレーに満足している。明日もグッドスタートを切る」

 そう、まだ初日。「ザ・メジャー・マン」の異名を取るケプカは、4日間を通して「戦うに足る」ゴルフというものを見せてくれることだろう。

松山英樹も上位につけた。

 開幕前は「いろいろあった」ものの、初日の全米オープンは、グッドショット、グッドパットが報われ、そのままスコアに反映されたと言っていい。

 リーダーボードに目をやれば、ローズを筆頭に、2位タイにはリッキー・ファウラー、ザンダー・シャウフェレ、ルイ・ウエストへーゼンと、グッドプレーヤーの名前がずらりと並び、そのやや下方に付けたマキロイ、ケプカ、松山英樹、そしてウッズらがいる。

 初日のこの様子、この結果を見れば、今年の全米オープンのコース設定が「アンフェア」「アンプレアブル」という声は、もはや上がらないし、上げられない。

 もちろん「まだ初日」ゆえ、USGAにとっても、本当の勝負はこれからではあるが、「まずは、そこそこ、グッドスタートを切ったぞ」という声が、あちらこちらから聞こえてきそうな初日だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ブルックス・ケプカ
タイガー・ウッズ
ジャスティン・ローズ
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ