松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹の「いいところ」はあった。
全英OPの初日失速でも顔を上げて。

posted2018/07/20 11:30

 
松山英樹の「いいところ」はあった。全英OPの初日失速でも顔を上げて。<Number Web> photograph by AFLO

松山英樹が自分に課すハードルは高い。それだけに現状のパフォーマンスには歯がゆい思いをしていることだろう。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

 3年ぶりの全英オープン出場となったタイガー・ウッズと地元スコットランドの期待を担うラッセル・ノックス。大きな注目と大歓声を受ける2人の狭間で初日の1番ティに立った松山英樹にはアウェイ感が漂った。

 メジャー大会でウッズと同組は初めて――日本ではそれが大きく取り沙汰されたが、すでに何度もウッズとの同組ラウンドを経験している松山が、今さらそこに惑わされるはずはない。

 しかし終わってみれば、松山は1バーディー、5ボギーと沈み、4オーバー、75を喫して110位と大きく出遅れた。

 一体、何がそんなに悪かったのか。何がそんなに問題だったのか。カーヌスティで松山の全18ホールに付いて歩き、つぶさに観察していたが、最後の最後まで「なぜ?」の答えは、はっきりとはわからなかった。

特別悪い何かがあったわけではない。

 アイアンでティショットした1番はフェアウェイをわずかに右に外したが、10メートル超のバーディーパットはもう少しで入りそうなほどまでカップにすり寄り、パー発進。

「パーでスタートできたので、次のホールから1つでも伸ばしていこうと思った」

 しかし、そんな想いとは裏腹に、次なる2番以降は、バンカーにつかまったり、3パットしたり、ラフに打ち込んだり、ナイスショットのはずがクリークに転がり込んだりと「いろいろ」経験。あれよあれよという間に、2番、5番、8番、10番でボギーを喫した。

 それでもパー5の14番では深いラフから見事に2オンさせて、ようやく初バーディーを奪った。が、15番ではまたしてもバンカーに翻弄されて、すぐさまボギー。

 ショットがどうしようもないほど乱れまくっていたわけではなく、パットもどうしようもないほど外しまくったり、蹴られまくったりしていたわけではない。特別悪い何かがあったというわけではなかったのだ。

 それなのに、どうして4オーバーまでスコアを落とすラウンドになってしまったのか。一体、何がそれほど問題だったのか。それが、いくら凝視していても、よくわからない。

 松山の初日は、そんな1日だった。

【次ページ】 「不安が90%」と「いい感じ」。

1 2 3 NEXT
タイガー・ウッズ
松山英樹
ラッセル・ノックス

ゴルフの前後のコラム

ページトップ