Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

オランダで武者修行中の板倉滉。
マンCに戻るのは「自分次第」。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byRyu Voelkel

posted2019/06/09 08:00

オランダで武者修行中の板倉滉。マンCに戻るのは「自分次第」。<Number Web> photograph by Ryu Voelkel

2020年夏までフローニンゲンとレンタル契約を結んでいる板倉滉。結果を残し、シティに戻ることができるか。

同僚・堂安に対するライバル心も。

 性格は開放的だ。チームメイトと映画館を訪れ(内容は半分もわからなかった)、食事の誘いは断らず、オーストラリア代表のアイディン・フルスティッチの家には泊まりにも行った。英語は週に3度、練習後にチームでレッスンを受けている。溶け込むのは早かった。

 幸い、チームメイトにはU-20W杯でともに戦った堂安律もいる。フローニンゲン入りを相談したこともあった。

「フローニンゲンは環境を含めていいチームだと律は言っていました。ここに律がいてくれるのは海外が初めての僕にとってはありがたいです。ふたりとも、ここからのし上がっていきたいという野心があります。

 特に律はフローニンゲンでも活躍し、A代表でも先発で出ています。正直、律に負けたくない気持ちも強い。日本代表は昔から憧れでしたし、活躍して代表に入りたい。高さのあるボランチはあまりいないですし、そこで自分の良さを出せれば。ここからは自分次第ですね」

 レンタル移籍は1年半だ。オランダでの準備期間を経て、彼がシティのユニフォームに袖を通す日は来るだろうか。

 海峡の向こう側、スカイブルーの食堂にいつか戻ることを夢みながら、板倉は欧州の地で走り始めた。

(Number973号『[Jからビッグクラブへの階段]板倉滉「いつか、マンチェスター・シティへ」』より)

関連記事

BACK 1 2 3
板倉滉
堂安律
マンチェスター・シティ
フローニンゲン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ