“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-20W杯は序章を終え、決戦へ。
存在感増すMF山田康太「ギア上げる」。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byVI Images/AFLO

posted2019/05/30 18:00

U-20W杯は序章を終え、決戦へ。存在感増すMF山田康太「ギア上げる」。<Number Web> photograph by VI Images/AFLO

グループリーグ3戦にすべて先発起用された山田康太。イタリア戦でも攻守に奮闘し、決勝トーナメント進出に貢献した。

いよいよ決勝トーナメント。

 疲労は当然ある。だが、彼はその分、洞察し続けることで、その疲労をカバーする。それが頭脳をより冴え渡らせ、「知」の蓄積を促す。山田康太は今、充実のサイクルの最中にあるのだ。

「選手である以上、スタメンに選んでもらったら凄く嬉しいし、その分ピッチで表現しなくちゃいけないという思いも強いので、そういう意味では本当に求められていることをやりつつ、自分の良さであるテクニックだったりハードワークというところを見せられています。

 次はどういうメンバーなのかわからないですけど、しっかり自分のケアとか、コンディションを調整して、次に向かえたらいいと思っています。守備であれ、攻撃であれ、チームが勢いづくようなプレーだったり、士気が上がるプレーを数多くできたらと思っています」

 次はいよいよ1発勝負の決勝トーナメント。相手はまだ決まっておらず、アルゼンチン、ポルトガル、韓国のいずれかとなる。どの相手も強敵だけに、山田のこれまで以上の貢献が必要不可欠となるだろう。

「みんなでもう1個ギアを上げて、次の相手に思いきりぶつけられたらなと思います」

 決戦まで中5日。彼は疲労を取りつつ、頭をクリアにして洞察力を研ぎ澄ます。彼の本領発揮はこれからで、グループリーグはまだ序章に過ぎない――。

関連記事

BACK 1 2 3
山田康太
田川亨介
斉藤光毅

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ