欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

伊東純也はなぜ欧州で成功したか。
得意の1対1と、隠れた「適応力」。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/24 11:00

伊東純也はなぜ欧州で成功したか。得意の1対1と、隠れた「適応力」。<Number Web> photograph by AFLO

伊東純也がベルギーで成功した理由は1つではないが、ドリブルという武器はやはり大きかった。

伊東のプレーは声援を送りやすい。

 彼の得意なプレー、武器がチームのニーズとあったことは大きなプラス材料だった。伊東が得意とするのはスピードを生かしてサイドで思い切った1対1をしかけるスタイルで、ピッチの中央で攻撃を組み立てるタイプと違い、ボールさえ出てくればクラブの状態にかかわらず伊東自身の能力で勝負できる。使われる側には使われる側の強みがあるのだ。

 また、サイドを高速で駆け抜け相手と対峙するプレーは爽快で、声援を送りやすいという面もある。ひとことでいえば、よく目立つ。

 もちろん、武器があるだけでなくアジャスト能力も使われる決め手だったはずだ。優勝が決まったアンデルレヒト戦の先制点は伊東が起点となった。その日はいつも通り2列目の右で先発したが、求められたプレーは縦に抜けることではなく、中に入ってチャンスを作ることだったそうだ。

「今日とかは、サイドハーフは中に入ってチャンスメイク(という指示)だったので、あんまり縦にガンガンではなかったけど、中央で受けてパス出してそのまま得点になったので、まあよかったかなと」

優勝のご褒美は、チャンピオンズリーグ。

 全10試合のプレーオフも、優勝を決めたあとの最終戦を怪我で欠場した以外全てに先発した。だが、簡単にレギュラーを掴んだという感覚は伊東にはない。

「まあ、自分が入って(レギュラーシーズンで)1位から落ちちゃうとかもあったんですけど、その後優勝できてよかったなと思います。

 海外は初ですし、チームメイトはみんな代表の選手ですし、レギュラー争いからやっぱ難しい部分もあって、それは日本にいては経験できない部分だと思う。そういう意味で勝ち取って試合に出るのは大変でした」

 優勝のご褒美は、なんといってもチャンピオンズリーグだ。まだ組分けは決まらないが、強豪チームとグループリーグから対戦することは決まっている。

「ビッグクラブと対戦するチャンスですし、そこで自分の力を試してみたい」

 伊東は来季、夢の舞台を駆け抜ける。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊東純也
ヘンク

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ