Number ExBACK NUMBER

「プロレス総選挙 THE FINAL」第4次速報。
投票3万人突破、TOP50発表&首位争い激化!

posted2019/05/22 19:30

 
「プロレス総選挙 THE FINAL」第4次速報。投票3万人突破、TOP50発表&首位争い激化!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 2019年現役最高のレスラーを決める「プロレス総選挙 THE FINAL」、5月20日19時時点で投票者数3万人を突破しました! トップ争いはさらに熾烈に! 今回の第4次速報はTOP50までを一挙発表いたします。

 日本のリングで闘ったことのあるすべての現役レスラーの中から、1人3選手まで投票が可能。1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントとして投票を集計。1位に輝いた選手が6月27日発売予定のNumber本誌「プロレス2019(仮)」の表紙を飾ります。

 第4次開票速報、ランキングTOP50は以下のとおりです!!

第50位は……拳王選手(NOAH)

 昨年97位。先日の5.4後楽園ホールでマサ北宮選手、小峠篤司選手、稲村愛輝選手と反体制派軍団「金剛」の立ち上げを宣言した拳王選手が現在50位。

第49位は……KUSHIDA選手(NXT)

 昨年37位。今年1月に新日本を退団。アメリカに渡りWWE傘下のNXT所属として5月にデビューしたKUSHIDA選手が49位に。

第48位は……グレート・ムタ選手(WRESTLE-1)

 昨年29位。4月6日に米HOGの「CULTURE CRASH19」に参戦、さらに同日夜に行なわれた新日本&ROHのMSG大会にもサプライズ登場し、復帰2連戦を行った武藤敬司の化身、グレート・ムタ選手が48位。

第47位は……ザック・セイバーJr.選手(新日本)

 昨年77位。昨年のニュー・ジャパン・カップで優勝。4.6MSG大会では棚橋弘至選手とブリティッシュ・ヘビー級王座を懸けて戦い、防衛に成功したザック・セイバーJr.選手が47位に。

第46位は……エル・デスペラード選手(新日本)

 昨年は100位圏外。昨年3月に金丸義信とのタッグでIWGPジュニアタッグ王座を獲得し、今年1月まで4度の防衛に成功したデスペラード選手。負傷のため現在行なわれている『BEST OF THE SUPER Jr.26』は欠場中。

第45位は……中嶋勝彦選手(NOAH)

 昨年85位。潮崎豪選手とともに「AXIZ」としてGHCタッグ王座に立つ中嶋選手が45位にランクイン。

第44位は……関本大介選手(大日本)

 昨年60位。今年2月の「ジャイアント馬場没20年追善興行」では全日本の宮原健斗選手と組み、棚橋弘至&ヨシタツ組と対戦した関本選手。今年デビュー20周年を迎えた大日本の筋肉男が44位に。

第43位は……志田光選手(MAKAIプロジェクト&AEW)

 4月にケニー・オメガ選手も加わったアメリカの新団体「AEW」とのダブル所属を表明し、11月から渡米を予定している志田選手が昨年の100位圏外から43位に。

第42位は……後藤洋央紀選手(新日本)

 昨年47位。過去NEVER無差別級王者に4度戴冠のCHAOSメンバー、後藤選手は42位にランクイン。

第41位は……真琴選手(フリー)

 昨年圏外。昨年3月、所属するREINA女子プロレスの活動休止を受けて現在はフリーとして活躍する真琴選手が41位に。

【次ページ】 根強い人気誇る選手達がズラリと登場。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内藤哲也
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
飯伏幸太
SANADA
高橋ヒロム
丸藤正道
宮原健斗
黒潮“イケメン”二郎
中邑真輔

プロレスの前後のコラム

ページトップ