プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

“ペインメイカー”クリス・ジェリコ。
IWGP王者オカダ・カズチカへ挑戦状。

posted2019/05/20 16:30

 
“ペインメイカー”クリス・ジェリコ。IWGP王者オカダ・カズチカへ挑戦状。<Number Web> photograph by Essei Hara

AEWの旗揚げ興行前のタイミングで挑戦状を叩きつけたクリス・ジェリコ。オカダは防衛なるか。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 ペインメイカー。苦痛を与える男。

 クリス・ジェリコは自らをそう呼んだ。そして、オカダ・カズチカのIWGPヘビー級王座への挑戦を表明した。

 4月6日、ニューヨークのマジソン・スクウェア・ガーデン(MSG)で10カ月ぶりに、IWGP王座を奪回したオカダは、5月4日、福岡でライバルとして指名したSANADAの挑戦を退けて、IWGP初防衛に成功した。

 ずっと、年上や年下を相手に戦ってきたオカダにとって、同じ年のSANADAとIWGPを争うことには格別の感があった。3月にSANADAを破ってニュージャパンカップに優勝した後、「持って来る物は持って来る」と誓った言葉にウソはなかった。

 MSGのリングは一味違うものだった。

 新日本プロレスの凄さを世界に見せるためにオカダは戦った。調子に乗り続けていたスイッチブレイドことジェイ・ホワイトを倒すには思いのほかてこずった。ドロップキック、レインメーカーを何度もぶち込まなければ、のらりくらりの26歳の王者を倒すことはできなかった。

 レインメーカーでフォールを確信したオカダが、スリーカウントを奪えなかったときのその表情は、信じられないものに遭遇した時のものだった。必殺のレインメーカーがいいタイミングで決まったのに跳ねのけられたのだ。

MSGでのレインメーカー、ライバルとの防衛戦。

 かつて、日本プロレス時代、ジャイアント馬場のドロップキック、32文ロケット砲が決まったのに、ボボ・ブラジルが立ち上がってきたことがあった。あの時、馬場は、インターナショナル王座をブラジルに明け渡してしまった。

 そんな記憶が脳裏をよぎった。

 だが、オカダは意を決したように戦い続けた。最後は、パイルドライバーから、レインメーカーで王座を奪回した。

 そんなMSGを挟んだSANADAとの2番勝負はオカダにさらなる復調を感じさせるものがあった。「何度でもやってやる」的なライバルSANADAへの思いも如実に表れていた。

【次ページ】 神出鬼没な男、手加減はない。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

新日本プロレス
オカダ・カズチカ
クリス・ジェリコ
ケニー・オメガ

プロレスの前後のコラム

ページトップ