ゴルフPRESSBACK NUMBER

全米プロ連覇で完全優勝のケプカ。
人生が詰まった「心の逆転優勝」。

posted2019/05/21 10:30

 
全米プロ連覇で完全優勝のケプカ。人生が詰まった「心の逆転優勝」。<Number Web> photograph by AP/AFLO

全米プロ連覇を達成したブルックス・ケプカ。4日間首位を守り続けた完全優勝だったが、決して平坦な道のりではなかった。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 全米プロ連覇を果たし、メジャー4勝目を挙げたブルックス・ケプカの勝ち方を、どう見るか――。

 初日にべスページ・ブラックのコースレコード「63」をマークして単独首位に立ち、4日間、首位の座を守り通した彼の戦い方は、見事だったと言っていい。

 さらに2日目は、5つスコアを伸ばし、2位との差を7打差へ広げた。

 だが、ケプカ自身は不満を露わにして練習場へ直行するほど、ショットは乱れ始めていた。

 3日目は彼のゴルフの要だったはずのパットが乱れ始め、スコアを伸ばすことはできなかった。

 それでも2位に7打差の単独首位で迎えた最終日。スタートホールでいきなり第1打を左ラフに入れてボギー発進。4番と10番でバーディーを奪ったものの、11番からは4連続ボギーを喫し、追撃をかけていたダスティン・ジョンソンとの差は、ついには1打まで縮まった。

 それほど苦戦を強いられたケプカが、それでも最終的に勝利できたのは、なぜだったのか。

“ジョンソンのおかげ”ではない。

 じりじりとケプカに詰め寄ったジョンソンが、16番と17番で連続ボギーを叩き、自滅する格好で後退していったことが、ケプカの終盤の戦いを楽にしたことは間違いない。

 だが、だからと言ってジョンソンのおかげでケプカが勝ったわけでは、もちろんない。もっと言えば、最終日のジョンソンが掴みかけたチャンスを自ら逃した一方で、ケプカは逃しかけた勝利を絶対に逃すものかとしがみつき、ピンチを切り抜けて優勝に輝いた。

 スコアの上では、4日間、首位を守り通した完全優勝。だが、その内容を吟味すれば、ケプカの最終日のゴルフは、ある意味、悪くなった流れを心の強さで反転させて勝利した、いわば「心の逆転優勝」だったと私は思う。

【次ページ】 欧州の下部ツアーで鍛錬したケプカ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ブルックス・ケプカ
ダスティン・ジョンソン

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ