ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

ゴルフボールの軌道を色付けした男。
「米のプロゴルフ成功の理由は……」

posted2017/11/21 07:00

 
ゴルフボールの軌道を色付けした男。「米のプロゴルフ成功の理由は……」<Number Web> photograph by ShotVision

空中を飛ぶボールの軌道は、把握が難しい。トレースして弾道を描くことは、ゴルフという競技の魅力を驚くほど増加させる。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

ShotVision

 アメリカでゴルフが初めてテレビで中継されたのは、いまから70年前のことだそうだ。

 1947年、ミズーリ州セントルイスCCで行われた全米オープンは、伝説的プロであるサム・スニードがルー・ウォーシャムにプレーオフで敗れ、グランドスラムのチャンスを逃した戦いのひとつだった。

 この大会はごく小さなローカルエリアでのみ中継され、全国放送されるまでにはそれから数年を要した。'56年に初めてマスターズがCBSを通じてお茶の間に届けられ、直後の'58年から2年おきに4回、オーガスタナショナルGCで勝ったのがアーノルド・パーマーだった。

 ジャック・ニクラス、ゲーリー・プレーヤーを交えた“ビッグ3”時代は、まさにゴルフ中継の最初の歩みとともに彩られてきたのである。

100人前後が、別の場所で同時に打っている。

 放送ネットワークの広がりとともに、ゴルフ中継における映像技術も進化の道をたどってきた。

 プロゴルフのテレビ放送は他の球技、スポーツの放送とは異なる独特の難しさがある。まずフィールドが広く、マッチプレーなどを除けば、100人前後の選手が別の場所でほぼ同時にそれぞれのボールを打っている。時には林から脱出を試みたり、思わぬトラブルショットを強いられることがあるため、固定カメラだけではプレーを追いきれない。仮にすべてのショットをカメラに収めようとすれば、機械も、人員も、とてつもない数になる。

 ゴルフボールは直径約43ミリメートルと小さく、豪快なロングショットとなれば、実際のコースでも弾道をつぶさに目で追うのは至難の業だ。

 その問題を解決するため、最近では写真のように、選手が放つショットの軌道を“色付け”するメカニズムも定着した。

【次ページ】 誤差わずか0.77秒で飛んでいくボールを描画する。

1 2 3 4 5 NEXT
森昇平

ゴルフの前後のコラム

ページトップ