Overseas ReportBACK NUMBER

北京五輪4継の日本の“繰り上げ”銀。
原因の選手は「何も話したくない」。 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/18 17:00

北京五輪4継の日本の“繰り上げ”銀。原因の選手は「何も話したくない」。<Number Web> photograph by AFLO

世界リレーの会場で、「繰上げ」銀メダルを授与された、(左から)朝原宣治、高平慎士、末續慎吾、塚原直貴。

朝原「最後のチャンスでメダルが取れた」

 日本の4選手は、五輪の舞台で銅メダルを受け取っているので、4位から3位に繰り上がった選手とは立場が異なる。

 そして朝原が「10年近くリレーを走ってきたが、メダルの壁があった。メダルは不可能だと思ったこともあったけれど、諦めずにやってきて最後のチャンスでメダルがとれた」と話したように、運ではなく実力でとった銅メダルだった。だからこそ、銀メダルに繰り上がった際にも涙がなかったのだと思う。

 4人だけではなく補欠としてサポートした選手、そしてスタッフは、悔しさ、複雑な気持ちを抱えながら、違反が発覚してからの3年を過ごしてきたはずだ。涙がなかったことは救いではあったが、心の中で泣いた瞬間はまちがいなくあったのではないだろうか。

 末續は「これからは銀メダリストとして生きていく」と話したが、もしあの時に銀メダルを受け取っていたら、彼らの競技人生はどう変わっていただろう。考えると胸が締めつけられる思いだ。

 日本陸連は会見の場でアンチドーピングを強く推進していくことを発表した。クリーンな土壌作り、そしてそれを世界に積極的に発信し、これ以上の被害者が増えないように努力してほしい。それを切に願っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
塚原直貴
末續慎吾
高平慎士
朝原宣治

陸上の前後の記事

ページトップ