松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

ゴールボール・天摩由貴が気づいた
「チームの素晴らしさ」に修造、拍手! 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/05/19 09:00

ゴールボール・天摩由貴が気づいた「チームの素晴らしさ」に修造、拍手!<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

修造さん、天摩さんと、日本ゴールボール協会の増田徹理事。

ゴールボールで得た2つのもの。

天摩 今の話が聞けて、本当に参考になりました。やっぱり聞いて良かったです。

松岡 逆に由貴さんの話を聞いて、読者の方はきっとゴールボールを観てみたいと思ったはず。少なくとも、僕はそうです。最後に、由貴さんにとってのゴールボールとは。その答えを聞かせていただいて良いですか。

天摩 私にとってのゴールボールは……2つあって、ひとつは新しい夢。夢でもあり、目標でもあるんですけど、ロンドンが終わって、なかなか新しい目標が見つからなかった時期に、このゴールボールと出会って新たな夢を与えられた。もう一つは、色んなひととの出会いやつながりを創ってくれるものです。

 選手とのつながりもそうですし、監督やコーチ、大会の運営を手伝ってくれる方々、他にも生活面で支えて下さる方たちがたくさんいて、色んなひとがいてくれるから私たちは強くなっていけるんだなって。ゴールボールをするようになって、講演で学校におじゃまする機会も増えたんですけど、子どもたちとの出会いもゴールボールがつないでくれた縁なんです。そう考えると、あの時ゴールボールの練習に参加して良かったと、つくづく思います(笑)。

松岡 素敵な答えです! 今も新しい自分に出会えているんだということが、今の話を聞いてよくわかりました。負けず嫌いはそのままに、プレッシャーとも仲良くなって、2020年の東京にぜひ主役の1人として立って下さい。松岡は、全力で応援しています。
(構成・小堀隆司)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

天摩由貴
松岡修造
東京パラリンピック
パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ