メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「本当に投手に有利の球場ですか?」
菊池雄星の疑問と本塁打急増の理由。

posted2019/04/28 17:00

 
「本当に投手に有利の球場ですか?」菊池雄星の疑問と本塁打急増の理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

メジャー登板6戦目のエンゼルス戦で初勝利を挙げたマリナーズの菊池雄星。6試合での被本塁打は5。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「本当にシアトル(T-Mobile Park)って投手有利の球場なんですか」

 笑いながら、半分冗談交じりの表情ではあるものの、今季からマリナーズでプレーする菊池雄星が聞いてきた。

 本拠地、T-Mobile Parkは海抜ゼロメートル地帯の埋立地にあり、海からの湿気を多く含んだ風が入り込む。加えて、4月は雨が多い上に気温が上がらず、ナイター観戦ではダウンジャケットが必需品。ボールが飛ばない条件は揃い、外野も広いことで知られる。

 なのに、である。今年は自軍打線が開幕から20試合連続本塁打のメジャーリーグ記録を打ち立て、投手陣は本拠地12試合で14本塁打を喫した。

 印象的だったのが、3月29日に菊池がメジャー初本塁打を許した場面。レッドソックスの4番ザンダー・ボガーツに91マイル(約146キロ)の直球を左翼席最前列に運ばれたのが、球場内に響き渡った音は快音でなく「グシャッ」という鈍い音だった。

 当初、菊池は「これがメジャーのパワー。甘いカウントボールは簡単にスタンドへ運ばれる」と、レベルの高い打者との対戦に闘志をかき立てられていたが、最近はちょっと感じるところも違うようだ。

マイナーでは3Aだけで急増中。

 そんな折り、米国の野球専門誌「BASEBALL AMERICA(電子版)」が4月18日、こんな数字をリポートした。

 今季から3Aに限って、中国製のマイナー使用球からメジャーと同じのコスタリカ製の使用球に変更したところ、本塁打が急増しだしているという。記事では、開幕から約2週間のマイナーリーグでのデータを収集。昨季との違いを比較した。

 3A 35.2%増
 2A 14%減
 1A+ 14.6%減
 1A 16%減

【次ページ】 本塁打増加の要因は使用球?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

菊池雄星
シアトル・マリナーズ
ジャスティン・バーランダー

MLBの前後のコラム

ページトップ