JリーグPRESSBACK NUMBER

2年連続で下位に低迷するガンバ。
宮本監督の重い言葉とチームの病巣。 

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/26 11:30

2年連続で下位に低迷するガンバ。宮本監督の重い言葉とチームの病巣。<Number Web> photograph by Getty Images

圧倒的な攻撃力を誇った頃のガンバは個性がぶつかりあっていた。今の選手たちは、どうか。

宮本監督に今後求められること。

 浦和戦に続くホームゲームだった4月20日の大分トリニータ戦では昇格チーム相手に、5バックを採用。ファン・ウィジョとアデミウソンをベンチに温存し、後半勝負を挑んだガンバは、辛うじて連敗をストップした。

 今後、宮本監督に求められるのは「遠藤ありき」のチーム作りからの脱却ではあるまいか。依然、その戦術眼の高さと時折見せる輝きは残しているものの、守備面で明らかに不安を残す39歳の起用法は、チームの浮沈のカギを握ることになるはずだ。

 土曜の午後にも関わらず、17727人の観客しか集まらなかった大分戦。それでも昇格組に辛うじてホームで勝ち点1を手にした選手たちを待っていたのは、ブーイングではなく、後半の猛攻を讃える拍手だった。

 ユニフォームの左胸で燦然と輝く9つの星は、もはや過去のもの。かつてブラジルで取材していた当時、なんども耳にした決まり文句が、筆者の頭をよぎるのだ。

「カミーザ ナォン ガニャ ジョゴ(ユニフォームで試合に勝つのではない)」

 常勝軍団として復権するのか、それとも過去の栄冠にすがるのか――。西の名門は、間違いなくその岐路に立っている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ