SCORE CARDBACK NUMBER

国技館にトランプ大統領?
懸念は「警備」と「チケット」。
~伝統文化と政治利用の距離感~

posted2019/04/29 08:30

 
国技館にトランプ大統領?懸念は「警備」と「チケット」。~伝統文化と政治利用の距離感~<Number Web> photograph by KYODO

'05年春場所に観戦に訪れた仏のシラク大統領。愛犬をスモウと名づけた好角家はファンからも拍手で迎えられた。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 令和時代初の本場所となる、5月夏場所。

「新天皇、皇后両陛下の天覧相撲があるのでは?」と大相撲ファンは期待するが、そんななか、千秋楽にトランプ米大統領が観戦し、優勝力士を表彰する可能性があるとのニュースが飛び込んできた(日本相撲協会によると「政府の正式発表がされていないゆえ現段階でのコメントは不能」とのこと)。

 そこで懸念されるのが、“超”厳戒態勢が予想される、史上空前の「警備」だ。

 中央の土俵を360度から囲み、すり鉢状に座席が配置されている構造の両国国技館。天覧相撲や国賓のためにある2階正面からせり出した「貴賓席」には、専用エレベーターが設置され、隔離されたスペースとなっている。だが、土俵上での表彰を想定すると、その“動線”の警備も重要となる。すでに2月の段階で、土俵周りの桟敷席や枡席チケットを取り扱う相撲案内所に向け、相撲協会から「要人の観覧予定があり、千秋楽の土俵近い正面席は発行しない」旨のお達しが出ていたと漏れ伝わる。そのほか、席によっては「来場者情報」として氏名や住所、電話番号等の事前申告が義務づけられ、観覧当日は身分証明書の持参が通達されてもいる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

相撲の前後のコラム

ページトップ