バレーボールPRESSBACK NUMBER

チームも選手も変えた名将。
日本バレーにささげた6年間。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byJapan Volleyball League Organization

posted2019/04/23 17:00

チームも選手も変えた名将。日本バレーにささげた6年間。<Number Web> photograph by Japan Volleyball League Organization

退団セレモニーでイゴール(左)とともに笑顔を見せたアンデッシュシニアヘッドコーチ(右)。就任3年目に優勝に導くなど、チームの躍進の立役者に。

選手発案のセレモニー。

 3月24日の試合後に急きょセッティングされたセレモニーも、選手たちの発案で行われたものだった。

 高松は感謝を込めてこう語る。

「間違いなく言えるのは、アンデッシュが来る前よりもバレーが好きになったということ。どうやったらうまくなれるかを、本当の意味で教えてくれた人。

 以前は練習するのがあまり好きじゃなかったし、自分はこれぐらいなんだろうなと思っていたけど、技術や戦術などいろんなことをアンデッシュに教えてもらって、向上心が芽生えて、今は練習以外の時間も、自分がどうやったらうまくなれるかを考えるようになった。この歳(31歳)になった今でもバレーがうまくなっているという自覚があります」

 主将の古賀幸一郎も、「この6年間は間違いなく我々選手のバレーボール人生において大きな宝物になると思う。もっと一緒にやりたかった」と別れを惜しんだ。

敵将も賞賛するアンデッシュの功績。

 アンデッシュの影響は、豊田合成の中だけにとどまらない。他チームも多かれ少なかれ影響を受けてきた。東レアローズの小林敦監督は大きな影響を受けた1人だ。

「彼が日本に持ち込んだものは本当に大きな財産だと思います。例えばチーム作りにしても、ディフェンシブなウイングスパイカーを必ず1人入れるとか、相手とのマッチアップを考えてスタートのローテーションを試行錯誤するとか。

 彼は、当たり前のことや、日本人がやっていけば詰められるようなことを、キチッキチッと詰めてきたんじゃないか。今いるメンバーで何ができるかをしっかりと詰めていくことで、豊田合成をあのレベルのチームにしあげていったと感じます」

【次ページ】 代表チームには愛のある苦言も。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

豊田合成トレフェルサ
クリスティアンソン・アンデッシュ
イゴール・オムルチェン
トミー・ティリカイネン
高松卓矢

バレーボールの前後のコラム

ページトップ