バレーボールPRESSBACK NUMBER

チームも選手も変えた名将。
日本バレーにささげた6年間。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byJapan Volleyball League Organization

posted2019/04/23 17:00

チームも選手も変えた名将。日本バレーにささげた6年間。<Number Web> photograph by Japan Volleyball League Organization

退団セレモニーでイゴール(左)とともに笑顔を見せたアンデッシュシニアヘッドコーチ(右)。就任3年目に優勝に導くなど、チームの躍進の立役者に。

「なぜバレーボールをするのか」

 一方で、コンセプトの中でチャレンジして出たミスに対しては、「今のはよかった。ナイスチャレンジ」と言って後押しした。だから選手たちはトライし続けることができた。そうしたプレー面だけでなく、アンデッシュは、選手たちのメンタリティの変化も感じていた。

「イエス、イエスと言うだけでなく、なぜバレーボールをするのか、どのようにバレーをするのかを自分で考え、自分の意見を言い、1人1人が個性を発揮するようになった。私が最後に望むのは、選手としてだけでなく、人としても成長してほしいということだ」

影響を受けた高松卓矢。

 V.LEAGUEが“新生”と銘打ってスタートした今シーズンは、リーグに対する意見を発する選手が増えたが、中でも特に積極的なのが豊田合成の高松卓矢だ。高松が今、そうした行動ができるようになったのは、アンデッシュの影響が大きいという。

「以前の僕はイエスマンでした。指導者の人にこれをやれと言われたらこれをやり、あれをやれと言われたらあれをやる。常に右にならえで、バレーボーラーとしても人間としても、全然成長が足りていなかった。でもアンデッシュが来てからは、なんでこれをしなきゃいけないのか、なんであれをしちゃいけないのかというのを、自分で考えるようになった。そこで疑問を感じたら、聞きにいく。アンデッシュには、『もっと自分の意見を持て』とか、『なんでお前たちは発言しないんだ』とすごく言われましたから。

 自分の脳みそで考えるようになったら、次は自分でいろんな情報を調べるようになったし、疑問に思ったことを発信するようになった。今自分たちが置かれている状況の中で、何の疑問も持たずに生活するのはよくないなと思うようになったので」

【次ページ】 選手発案のセレモニー。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

豊田合成トレフェルサ
クリスティアンソン・アンデッシュ
イゴール・オムルチェン
トミー・ティリカイネン
高松卓矢

バレーボールの前後のコラム

ページトップ