SCORE CARDBACK NUMBER

“高校のとき以来”の手応え。
石川祐希の自己分析と決意。
~サーブで狙われる立場だからこそ~

posted2019/04/17 15:00

 
“高校のとき以来”の手応え。石川祐希の自己分析と決意。~サーブで狙われる立場だからこそ~<Number Web> photograph by Takahisa Hirano

帰国後の空港での取材では来季について「五輪前なので日本、海外の両方の可能性を考えている」と語った石川。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Takahisa Hirano

「コンディションに関してこれくらい問題なくできたのは、高校生のとき以来じゃないかと思う」

 表情も声も明るかった。バレーボール男子日本代表のエース石川祐希が、イタリア1部(セリエA)シエナでのプロ1年目のシーズンを終えてこのほど帰国した。イタリアでは中心選手としてリーグ戦全26試合に先発し、「プロなので結果を残さないと次はないと、シビアに取り組めた。結果(3勝23敗、14チーム中13位)だけ見れば満足できないが、プロ1年目でやるべきことは果たせた。良いアピールができた」と振り返った。

 個人スタッツはアタック310点、ブロック37点、サーブ29点で、計376得点はリーグ12位だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ