JリーグPRESSBACK NUMBER

ユース出身選手の帰還を実現させた、
Jクラブと大学が結んだ10年間。 

text by

平野貴也

平野貴也Takaya Hirano

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2019/04/16 07:00

ユース出身選手の帰還を実現させた、Jクラブと大学が結んだ10年間。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

大学と湘南を経て、今季“古巣”に戻ってきたMF石川俊輝。大宮アルディージャは育成年代でも好成績を残すなど、強化が実を結び始めている。

石川は育成選手たちの希望。

 大宮にとって石川の台頭と帰還は、東洋大と提携し、より多くの選手に目を配り、可能性を広く与えたことのひとつの成果だ。

 今季のJ2開幕前、オレンジのユニフォームを身にまとい、本拠地のNACK5スタジアム大宮でファン、サポーターの声援を受けてプレシーズンマッチを戦った石川は、当たり前のことを聞かないでほしいと言わんばかりに「そりゃ、張り切りますよ」と笑っていた。

 彼の姿は、育成年代の選手にとって希望にもなる。

 石川は「ジュニアユースやユースでくすぶっていても、エリート街道を通っていない選手でも、表舞台に立てる可能性があるということを、僕は示していかないといけない。誰がどこで見てくれているか分からない世界だから、試合に出られないときの練習や、練習試合で腐ってはいけない。まだ目標となるレベルにはなっていないけど、そういう道を示していけるように頑張りたい」と覚悟を示した。

 ユースから昇格できなかった選手が、即戦力に成長して帰ってきた。その背景には、クラブ、選手の双方が可能性を捨てずに追い続けてきた軌跡がある。

関連記事

BACK 1 2 3 4
大宮アルディージャ
東洋大学
石川俊輝
湘南ベルマーレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ