オリンピックへの道BACK NUMBER

「弱さ」を自覚した宇野昌磨。
再び立ち上がるためにすべきこと。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/04/11 07:00

「弱さ」を自覚した宇野昌磨。再び立ち上がるためにすべきこと。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

世界選手権では表彰台を逃した宇野昌磨。国別対抗戦へ気持ちを切り替える。

「自分が思っているよりも弱い」

「(フリーの)最初の2本のジャンプ(のミス)は明らかに気持ちからくるもの。日本開催だからなのか、自分を気負わせたのか、あるいは全部なのか分からないですが、間違いなく2つのジャンプは気持ちからくるもの」

 ひと晩では容易に整理のつかない中、行き着いたのは「自分は弱い」という思いだった。

「僕っていう選手が、自分が思っているよりも弱いと今回の試合で痛感しました。こういうふつうの状況で、いつも通りを出すことに関してはとても弱いと感じました。練習が10だとしたら6割、7割くらいしか出せなかった」

世界選手権で再確認できたもの。

 ただし、打ちのめされているばかりではなかった。整理がつかない中でも答えを見出そうとした。

「もともと自分が弱いというなら、試合で6割、7割しかできないのであれば、それでいい演技につなげられるようにしないといけない。6割、7割で今できることといえばアクセルと(4回転)トウループ、トウループもちょこちょこ失敗しますけど、(4回転)サルコウとフリップもアクセル、トウループの位置まで安定させることができれば、6割、7割でもいい演技になるんじゃないかと昨日、考えました」

 何よりも強く思ったことがあった。

「自分への強さを求めることを1年間やってきて、最後まで自信をつけるところには至らなかった。僕は練習があって本番があるので、練習をもっと上げていかないといけない。みんなと同じではいけない。みんなよりできないんだからみんな以上に練習でできるようにならなければいけないと思いました」

 練習の基準を上げる必要を感じつつ、そこにあったのは、ある意味、練習の成果を出すというこれまで培ってきた姿勢の再確認でもあった。

【次ページ】 挫折を乗り越えてきた宇野。

BACK 1 2 3 4 NEXT
宇野昌磨

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ