F1ピットストップBACK NUMBER

スター誕生! フェラーリの21歳。
ルクレールがF1王者2人を圧倒。

posted2019/04/07 09:00

 
スター誕生! フェラーリの21歳。ルクレールがF1王者2人を圧倒。<Number Web> photograph by AFLO

フェラーリ加入わずか2戦目で圧巻の走りを見せたルクレール(右)を、ハミルトン(左)も称えた。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

AFLO

 F1今季第2戦、バーレーンGPで新たなスターが誕生した。今年からフェラーリに移籍したシャルル・ルクレールだ。

 1997年10月16日生まれの21歳。ルクレールが魅せたのは、まず予選だった。Q1からQ3すべてのピリオドでタイムシートのトップに立ち、フェラーリ移籍後わずか2戦目で、チームメートであり、元チャンピオンのセバスチャン・ベッテルを抑えてポールポジションを獲得したのだ。

 圧巻だったのは、予選で最後のピリオドとなるQ3でのアタックだった。1回目のアタックで暫定トップに立ったルクレールが出した1分27秒958は、昨年ベッテルが記録したポールタイムかつコースレコードと同タイム。

 2回目のアタックではベッテルが1分28秒台にとどまったのに対して、自己ベストを更新する1分27秒866を叩き出し、ベッテルからポールポジションだけでなく保持していたコースレコードをも奪ってみせた。

 21歳165日でのポールは、'08年にベッテルがイタリアGPで樹立した史上最年少記録の21歳72日に次ぐ2番目の若さ。若さではベッテルの記録を破れなかったルクレールだが、速さでは、翌日の決勝でも今やチームメートとなったベッテルを堂々と上回ってみせた。

ベッテルとハミルトンを従えて。

 レースでは、スタート直後こそベッテルの後塵を拝するものの、6周目にコース上でオーバーテイクしてトップの座を実力で取り戻すことに成功。その後はベッテルだけでなく、ルイス・ハミルトン(メルセデス)を含めた2人の王者を従えて、レースを完璧にコントロールしていく。

 しかしレース後半、予期せぬトラブルがルクレールを襲う。エンジンにトラブルが発生し、スローダウンを余儀なくされたのだ。残り10周でなす術なくハミルトンにオーバーテイクされ、F1初優勝を逃したルクレール。心が折れそうな状況にもかかわらず、チェッカーフラッグを目指してアクセルを踏み続ける姿に、世界中のファンが胸を熱くした。

【次ページ】 人生で経験した3人との惜別。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

シャルル・ルクレール

F1の前後のコラム

ページトップ