オリンピックへの道BACK NUMBER

複合W杯で驚異の8年連続3位以内。
渡部暁斗、モチベーションの源。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/01 08:00

複合W杯で驚異の8年連続3位以内。渡部暁斗、モチベーションの源。<Number Web> photograph by Getty Images

渡部は過去8シーズンのワールドカップ総合成績で、3位3回、2位4回、優勝1回と安定した好成績を記録している。

北京五輪で「3度目の正直」を。

 状況を変えるには、メダルの色、つまり金メダルしかない。

 そんな思いとともに、五輪後のシーズンを戦った。だから見据えるのは3年後の北京五輪にほかならない。オフシーズンには「3度目の正直として、全力で獲りに行きたいです」と語っている。

 今シーズンのワールドカップ。総合2位という結果については、「地力の底上げができている証拠。確実に安定感はあるし、それがかなりハイレベルであるのは間違いない」とコメントしている。

 8シーズン連続で総合3位以内に入るという、驚異の成績を残し続ける渡部。競技の環境を変えるために、2022年での金メダル獲得をまっすぐに目指す。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡部暁斗
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ