競馬PRESSBACK NUMBER

絶対女王、いよいよドバイ出陣。
ルメール「アーモンドアイは特別」

posted2019/03/29 16:15

 
絶対女王、いよいよドバイ出陣。ルメール「アーモンドアイは特別」<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

ドバイでアーモンドアイの追い切りを行ったクリストフ・ルメール騎手

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 現地時間の3月27日、午前5時前。クリストフ・ルメール騎手がドバイ、メイダン競馬場に現れ、日本馬2頭の追い切りに跨った。

 そんな日本のリーディングジョッキーをいきなりのアクシデントが襲う。

 まず跨ったのはレイデオロ。芝コースを軽く歩かせて100mほど行ったところで、ダービー馬の右前、脚元に近い場所から1羽の小鳥が飛び立った。

「レイデオロが驚いてターンするようにビュッと横へ飛びました。スピーディーな馬なのでその時の動きが凄く速くてついていけませんでした」

 ルメール騎手は振り落とされたが、放馬する事なく、すぐに乗り直した。

「びっくりしたけど、僕も馬もなんともありませんでした。だからすぐに騎乗し直して、追い切りました」

 その後の追い切りの動き自体は「とても良かった」と言い、更に続ける。

「去年はレース前に少しエキサイトして、レースでは引っ掛かってしまいました。でも一つ年齢をとった今は心身ともに成長し、落ち着いているから大丈夫です」

ルメール「ドバイの芝にもあっている」

 レイデオロの追い切りを終えたルメール騎手は、下馬したのも束の間、今度はすぐにアーモンドアイの手綱を取った。

「リラックスしていました。でも、同時に集中力がありました。馬自身のコンディションが良いからフットワークも抜群でした。ドバイの芝もあっているようでとてもスムーズに走ってくれました」

 ゴール板を過ぎてから舌鼓を打つシーンがあったが、これには次のように言った。

「少し物見をしました。だから“そっちじゃないよ”という意味で、チッチッ!と鳴らしました」

 ドバイでは初めてとなるアーモンドアイとのランデブーを楽しんだ後、その感触を改めて口にした。

「美浦トレセンで最後に乗った時(3月13日)と比べても、変わらず良い感じでした」

【次ページ】 海外メディアからも注目。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリストフ・ルメール
レイデオロ
アーモンドアイ

競馬の前後のコラム

ページトップ