沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

藤田菜七子、99勝目が初JRA重賞。
現在全国26位、トップテンも視野?

posted2019/12/10 20:00

 
藤田菜七子、99勝目が初JRA重賞。現在全国26位、トップテンも視野?<Number Web> photograph by Kyodo News

斤量優遇のない重賞での勝利は完全な藤田菜七子の実力である。条件戦では外せない騎手になる可能性もある。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 また彼女が、アイドルからトップジョッキーへと、確かな一歩を踏み出した。

 藤田菜七子が12月8日の第12回カペラステークス(中山ダート1200m、3歳以上GIII)を2番人気のコパノキッキング(セン4歳、父スプリングアットラスト、栗東・村山明厩舎)で優勝。

 女性騎手として史上初めてのJRA平地重賞制覇をなし遂げた。なお、これが藤田にとって、通算99勝目(JRA89勝、地方10勝)となった。

 迷いはなかった。パートナーのコパノキッキングには、自身のGI初騎乗となった今年のフェブラリーステークス(5着)から6戦連続での騎乗となる。

 同馬は昨年、このレースを柴田大知の手綱で差し切っている。当時の斤量は55キロ。それより3キロ重い58キロの今回は、最後に速い脚を使いづらくなるぶん、序盤は先行したいところだ。

好位で出て、慌てず直線勝負。

「行ければ、逃げた馬の番手(直後)につけたいなと思っていたので、それなりにしっかり(ゲートから)出して行きました」

 そう振り返った藤田は、スタート直後から力強く手綱をしごき、好位の4、5番手につけて、流れに乗った。

 しかし、少しずつ逃げ馬に置かれはじめ、3コーナーでは4馬身ほどの差がついていた。それでも藤田は慌てなかった。

 4コーナーで外からじわっと差を詰め、直線へ。ラスト200m手前で素早く鞭を持ち替え、ゴーサインの右ステッキを入れた。さらに、加速する騎乗馬の背で全身を沈め、肘をリズミカルに動かし、追いつづける。

 その叱咤に応えたコパノキッキングは、ゴールまで10完歩ほどのところで先頭に立ち、2着を2馬身半突き放してゴールを駆け抜けた。藤田は左手でコパノキッキングの首差しを撫でるように叩き、健闘を讃えた。

【次ページ】 関東リーディングではなんと10位。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤田菜七子
コパノキッキング

競馬の前後のコラム

ページトップ