Jをめぐる冒険BACK NUMBER

FC東京の甘さを「本気」で変える。
殻を破った新主将の10番、東慶悟。

posted2019/03/29 17:30

 
FC東京の甘さを「本気」で変える。殻を破った新主将の10番、東慶悟。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

FC東京の10番、と言えば梶山陽平のイメージだ。東慶悟はその印象を変えるような活躍を見せられるか。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 3月17日に行なわれたFC東京と名古屋グランパスの首位攻防戦。永井謙佑の先制ゴールの余韻に浸るチームメイトを現実の世界へと引き戻したのは、FC東京の新キャプテンだった。

 ゴール裏で永井を祝福し、笑顔で戻ってくる仲間たちをセンターサークル内で待ち構えていた東慶悟は、ひとり険しい表情で指示を出していた。

 早く戻れ、集中しろ、まだ試合は終わってないぞ――。そんな声が聞こえてくるようだった。

「名古屋は得点力のあるチームなので、1点取って勝てる相手じゃない。(長谷川健太)監督もよく言うんですけど、失点したあと、得点したあとってゴールが生まれやすいので。集中していこう、もう1点取りにいこう、ってみんなに伝えたんです」

 試合後、東はこともなげに振り返ったが、その思考、その行動に、新キャプテンとしての覚悟が見て取れた。

「カジさんから付けてほしい、と」

 プロ11年目、今年29歳となる東にとって今季は、「変化」のシーズンである。

 まず、背番号が38から10に変更された。FC東京の10番といえば、アカデミー出身の梶山陽平が11シーズンにわたって背負ってきた番号である。「トーキョーの10番は、オーオ、梶山陽平」というチャントがあるくらい前任者の色が濃く、責任は重大である。

 むろん、東もその重みは十分理解している。

「カジさんが『慶悟に付けてほしい』と言ってくれて、素直に嬉しいですけど、もちろんプレッシャーも感じています。でも、僕自身、もっとレベルアップしたいというか、もっとうまくなりたいし、もっと良い選手になりたい。10番は刺激になると思ったので、引き受けました」

【次ページ】 珍しく長谷川監督に呼び出されて。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東慶悟
FC東京
梶山陽平

Jリーグの前後のコラム

ページトップ