JリーグPRESSBACK NUMBER

G大阪MF高「今さんに負けたくない」
元市船10番が辿る守備職人の系譜。

posted2019/03/29 17:00

 
G大阪MF高「今さんに負けたくない」元市船10番が辿る守備職人の系譜。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

川崎戦では相手のチャンスの芽を摘む働きを見せたMF高。まずはチームでの定位置確保を目論む。

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

東京五輪まであと500日を切る中で、JリーグではU-22世代の若手有望株が続々と台頭している。短期集中連載として、2019シーズンに見ておきたい、五輪世代の各選手をピックアップした。今回はガンバ大阪の高宇洋だ。
 

 J1リーグ第5節、ジュニアユース時代までを川崎フロンターレで過ごした高宇洋にとって、等々力競技場は独特の感慨を感じさせる場所だった。

「アップの時から、向こうの応援歌が聞こえてきて、懐かしいなって」

 ジュニア時代はゴール裏でフロンターレを応援し、中村憲剛のプレーを食い入るように目に焼き付けてきた。

 そんなスタジアムに、敵として乗り込んできた20歳の若武者はガンバ大阪の「聖域」に今、風穴を開けようとしている。

 昨シーズンの終盤は今野泰幸の戦線復帰とともにチームは破竹の9連勝。ガンバに欠かせない存在であり続けた今野をベンチに追いやり、高は倉田秋と2ボランチを形成。近年のJリーグでは最も質の高い攻撃を繰り出してくるフロンターレを完封し、1-0の勝利に貢献したのだ。

守備で活路を見出す、市船の元10番。

 市立船橋高校サッカー部時代は背番号10を担った技巧派の高だが、ガンバ大阪U-23では「守備で奪える選手になるのが自分の生きる道」と守備的なボランチとして地道に経験値を高めてきた。

 開幕からの3試合で許したのは計8失点。「ここまで失点が多くて、意図するようなシーズンのスタートではなかった」と宮本恒靖監督は振り返ったが、フロンターレ戦では守備のテコ入れとして高と倉田のボランチコンビを選択した。

 リトリートしてブロックを形成した際には細かくポジショニングを修正し、かつて憧れた中村に縦パスが入った際には前を向かせないように激しくチェック。派手さはなかったが高は90分、自らに与えられた役割を完遂した。臨戦態勢にあった今野をピッチに送り出すことなく、無失点で勝ち切った宮本監督は“宮本チルドレン”の1人として知られる愛弟子のパフォーマンスについて、期待を込める。

「持ち味が出ている場面は十分にある。ブロックを作って、スペースを締めている中で、読みを生かしてボールを奪えているのでそこは継続してほしい」

【次ページ】 ライバルは百戦錬磨の今野泰幸。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪
川崎フロンターレ
高宇洋
今野泰幸
明神智和
橋本英郎
宮本恒靖
山口智

Jリーグの前後のコラム

ページトップ