“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

絶対的本命が不在のセンバツ2019。
「複数の好投手」を満たす学校は? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/20 17:30

絶対的本命が不在のセンバツ2019。「複数の好投手」を満たす学校は?<Number Web> photograph by Kyodo News

秋の明治神宮大会でも格の違いを見せつけた星稜・奥川。昨年夏の悔しい思いを胸に、甲子園のマウンドに再び立つ。

注目は好投手を輩出する公立校。

 4日目の注目カードは第2試合の八戸学院光星対広陵戦。

 八戸学院光星は昨年の東北大会準々決勝、羽黒戦でドラフト候補、篠田怜汰に対して5回のワンチャンスで3得点を挙げ、3-2で辛勝している。準決勝の花巻東戦も3回に5得点を挙げて7-3、決勝の盛岡大付戦は1、7回に2点ずつ加えて5-3で制している。少ないチャンスを確実に制し、後藤丈海を中心とした投手陣で守り抜くスタイルは春夏準優勝した'12年のチームを彷彿とさせる。

 私が注目する明石商は5日目の第1試合、国士舘と相見える。

 好選手を多く入学させるのが難しい公立校でありながら松本航(日本体育大→西武1位)、吉高壮(日本体育大)、山崎伊織(東海大)など毎年のように好投手を輩出し続ける学校だ。今年も中森俊介という本格派の右腕が控えている。1人エースにこだわる公立校はこの明石商の選手作りを参考にするべきである。

 以上、駆け足で今年のセンバツ大会の見どころを紹介したが、本命不在の大会ほど伏兵が予想外の活躍をして観客を沸かせる。

 智弁学園と高松商が決勝で激突して智弁学園が2-1で競り勝った'16年のような接戦の展開が今年は再現されそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
札幌大谷高校
星稜高校
奥川恭伸
習志野高校
横浜高校
及川雅貴
履正社高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後の記事

ページトップ