メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

隣の兄ちゃん・田澤純一の挑戦。
「結果が出ても上がれないのがフツー」 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/03/20 10:30

隣の兄ちゃん・田澤純一の挑戦。「結果が出ても上がれないのがフツー」<Number Web> photograph by AFLO

メジャー直行を選ぶ選手が増えてきた今、田澤純一の注目度はさらに上がっている。彼は後進に夢を与える存在なのだ。

結果と幸運に恵まれる必要がある。

「試合で使う球はサボテンのマーク(アリゾナでのオープン戦=通称カクタス・リーグ公式球のロゴマーク)が入ってるけど、練習のは入ってないんですよ。だから、だいぶ違うんじゃねーかなと思うんです」

 真面目で大人しいイメージと、隣の兄ちゃん風のコントラスト。言わば「緊張と緩和」。それは今の彼が過去にないほど、厳しい状況に置かれていることで、今まで以上に絶妙なバランスの上に成り立っているように見える。

 厳しい状況――。

 マイナー契約の田澤は、単に「結果」を出すだけではメジャーリーグに生き残れない。ベンチ入りの25人枠に入るためには、他の誰かが怪我をするか、去年の田澤のように誰かが不調で自由契約となり、25人枠が空くような「幸運」も必要になってくる。

 メジャーリーグにはそういう選手が数え切れないほどいて、彼らはキャンプ招待選手として「開幕メジャー」を当面の目標としている。その目標を達成できなければ、マイナー契約をし直して同じ球団のマイナーでチャンスを待つか、再びフリーエージェント(FA)=自由契約となって、他球団で出直しすることになる。

「結果を出しても上がれないとか、フツー」

 田澤はしかし、その逆風ですら「厳しい」と思っていないようだ。

「自分にどうにもできないことを考えたって、仕方ないんじゃないすか?」

 隣の兄ちゃん、ではなく、真面目で大人しいイメージそのままの田澤が言う。

 レッドソックスのマイナー時代、「結果」を残しながらもメジャーに欠員が出るまで昇格できなかった。他の誰かが「幸運」を掴むところも、嫌ほど見てきた。

 そんな経験を数え切れないほどしてきただけに、田澤はある意味、とても「打たれ強い」。

「結果を出しても(メジャーに)上がれないとか、そんなのフツーなんで。それに文句を言ってる選手もいるけど、言ったところで上がれるわけじゃないですから。だったら自分のやれることをやってくしかない」

 それに今の田澤にとっては、もっと大事なことがある。

「(勝負に)行くところと、慎重になるところをもっと掴みたい。今は気持ち的に、まだまだいけるのかなと思うけど、打たれ始めるとまたボール、ボールってなってしまうんで、そこは難しいところかなと思う」

【次ページ】 アメリカでの開幕まで、あと2週間。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田澤純一
シカゴ・カブス

MLBの前後のコラム

ページトップ