野球善哉BACK NUMBER

吉川峻平はなぜMLBへ直行したか。
「10年後をイメージして決断した」 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/12 11:15

吉川峻平はなぜMLBへ直行したか。「10年後をイメージして決断した」<Number Web> photograph by Kyodo News

NPBを通らないメジャー挑戦は日本球界を揺るがしたが、彼がしているのはいつだって野球なのだ。

アマチュアの一発勝負とは違う野球を。

 今の日本の野球界の若いプレイヤーの中に、10年後を想像している人がどれほどいるだろうか。いや、我々一般社会人でも同じだ。10年後の自分を考えて、人生の選択をしている人間がどれほどいるだろう。

 吉川は目先のことだけで、人生を考えているのではない。自身の野球人生をトータルで考えて挑戦を決めたのだ。

 吉川に将来のビジョンを聞いた。

 何をもってメジャーでの成功とするかは千差万別だが、現時点の彼の思いはどうなのか。

「一番の理想は『吉川と対戦するのが嫌や』と試合前から気持ちが落ちるような投手になることです。ただそれは理想として、とにかく怪我をしないことです。結果も欲しいですけど、プロとして1年間を戦い抜かないといけない責任があります。

 アマチュア野球の一発勝負に賭ける環境に身を置いてきましたけど、これからは1試合崩れたからといってひきずっていられない。だから、怪我に関しては今までより何倍も気をつけていかないといけない。こういう形でアメリカに来たからには、ここで現役を終わりたいです。30代後半までメジャーでやれたら、成功と言えるのかもしれないですね」

 自分をいかに作り上げていくかを創造することは人生において大事なことだ。

 吉川はそれを分かってアメリカに来たのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
吉川峻平
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

MLBの前後の記事

ページトップ