バスケットボールPRESSBACK NUMBER

4連敗のち8連勝で悲願のW杯出場。
日本を支えた34歳・竹内譲次の魂。

posted2019/02/27 17:30

 
4連敗のち8連勝で悲願のW杯出場。日本を支えた34歳・竹内譲次の魂。<Number Web> photograph by Getty Images

渡邊雄太、八村塁らの代表入りを刺激に成長を遂げた竹内譲次。DF面でもアグレッシブなプレーを見せた。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Getty Images

 日本のバスケットボール史上に残る“4連敗からの8連勝”。

 そのすべてをコートの上で味わった34歳のベテランは、至上命題として挑んできたFIBAワールドカップ(W杯)出場権を手にした喜びもつかの間、すでに次のターゲットに立ち向かう覚悟をみなぎらせていた。

 W杯アジア地区予選window6の中東2連戦でイランとカタールを撃破し、グループ2位でW杯出場切符を手にした男子バスケットボール日本代表が、2月25日に帰国した。

 安堵のムードに包まれる中、手にしたものの重さを力説したのが、竹内譲次(アルバルク東京)だった。

「1年前の今ごろは、8連勝することも、この場に座っていることも予想できなかったですし、自分たちへの自信もなかった。でも今はこのチームに皆が自信を持っている」

 帰国直後に行われた会見で、竹内譲次は穏やかな口調でそう言った。34歳のベテランは、1次予選からの全12戦に出場し、試合を重ねるごとに存在感を増していった。W杯予選を通じて最も成長した選手として挙げられるほどだった。

207cmの30代選手がここまで走るとは。

 とりわけ、八村塁と渡邊雄太の海外組2枚看板を欠いて臨んだ最終のwindow6での輝きは素晴らしかった。日本は強豪のイランに一度もリードを許すことなく97-89で勝利し、カタールには96-48のダブルスコアで勝利した。

 竹内自身はイラン戦では17得点をマーク。特に後半のファストブレイク連発のインパクトは強烈で、207cmの30代選手にここまで走られては、相手の心もくじけるというものだった。

 スタッツでは2人合計で50点を決めたニック・ファジーカスと比江島慎の陰に隠れる格好となったが、オフザボールを含めた彼の確かなプレーが、アカツキファイブをより強固なチームに仕立て上げていた。

 そしてカタール戦ではさらに圧巻の速攻があった。第1クォーターの中盤、ファストブレイクからダンクを沈めたのだ。立ち上がり、5-9とされたカタールが流れを変えるべくタイムアウトを取った後の時間帯。彼にとって珍しいダンクには、カタールの思惑を封じ込めるのと同時に、誰にも有無を言わさずW杯に行くのだという気迫がこもっていた。

【次ページ】 シーズン中の代表戦に苦戦した前半戦。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

竹内譲次

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ