Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<独占インタビュー>村田諒太「邪念の先に見えたもの」 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2018/05/03 16:00

<独占インタビュー>村田諒太「邪念の先に見えたもの」<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi
8回2分56秒、右ストレートでTKO。
イタリア人アウトボクサーを下し、世界ミドル級王座の初防衛を果たした。
KO勝ちが求められる重圧のなかで、王者は新たな境地に達していた。

 多読から、一読へ。

 イタリアから挑戦者エマヌエーレ・ブランダムラを迎える初防衛戦を前に、村田諒太は最終調整で数日過ごすことになる都内のホテルに一冊の本を持ち込んでいた。

 心理学者ビクトール・フランクルの『夜と霧』。第二次世界大戦中、ナチスの強制収容所での体験を基に生きる意味を記したフランクルの代表作である。村田は“戦場”へ向かう前に、なぜ読み込んできたこの本をバッグに忍ばせたのか――。


 初防衛を果たしてから4日後、穏やかな表情の彼が待っていた。『夜と霧』の話から切り出すと、読書家はこう応じた。

「その本について何を見ようとしているのか、が人にはあって、今の自分にとって必要な箇所というものを見るわけです。読者である自分の心理が変われば、読むところ、心に触るところが変わってくる」

 彼が必要とした箇所は、「苦しむことへの意味」。フランクルが様々な本で、記してきた問い掛けでもある。書にある、死期を悟った女性の言葉を心で触ろうとした。

《今までのうのうと生きてきた私にとって、自分の内面がどうこうと窺い知ることはできなかった。だから私はこのひどい運命に感謝している》

 確かそのような言葉だった、と記憶をスラスラと口にする。当然ながら本に出てくる「苦しみ」と比較することなどできない。だが苦しいときにこそ自分と向き合えるという真理が胸にスッと入り込んできた。


 昨年10月、アッサン・エンダムとの再戦に勝利してミドル級の世界チャンピオンになった。勝って当然という目で周りから見られるなかで結果を出した。今回の相手ブランダムラは格下といえども、的を絞らせないアウトスタイルはやりにくいことこの上ない。しかし、勝っただけで満足はされない。その重圧と向き合う日々は、苦しみを受け入れていく作業でもあった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

村田諒太
エマヌエーレ・ブランダムラ
ゲンナジー・ゴロフキン

ボクシングの前後のコラム

ページトップ