SCORE CARDBACK NUMBER

計量失格とドーピング陽性。比嘉、尾川が王座はく奪。~どちらも日本人で初めて、今後の対応は?~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/05/18 08:00

計量失格とドーピング陽性。比嘉、尾川が王座はく奪。~どちらも日本人で初めて、今後の対応は?~<Number Web> photograph by KYODO

尾川は会見で「食事も普段通りしていた。薬の知識がなかったのが反省点」と語り、故意の薬物摂取を否定した。

 日本人世界チャンピオンが戦わずしてタイトルを失うという椿事が相次いで起きた。4月14日の試合前日の公式計量でフライ級の制限体重50.8kgを900gもオーバーしてWBC世界王座をはく奪された比嘉大吾と、昨年12月ラスベガスのIBF世界S・フェザー級王座決定戦で勝ち、ベルトを日本に持ち帰りながら、ドーピング検査で陽性の結果が出たため王座を失った尾川堅一である。

 日本人世界王者がリング外で王座を失ったのは、計量失格、ドーピングとも今回が初めて。今後「2人目」を出さないために、どんな手が打てるかを考えるのが先決だろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

比嘉大吾
尾川堅一

ボクシングの前後のコラム

ページトップ