Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<WBC2017 インサイドレポート>
かくしてブルペンはひとつになった。 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/04/01 17:00

<WBC2017 インサイドレポート>かくしてブルペンはひとつになった。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

牧田和久は登板数5で1勝2S。6回を投げ6奪三振、防御率は3.00。

抑えは牧田か、秋吉か、それとも則本か……。幾度も話題に上った、終盤への不安。守護神が不在の中、投手をやりくりする“権藤イズム”は現場に混乱を招いていた。当事者は何を思い、いかにその起用法に順応し、マウンドに向かっていたのか。

「そんなの、決められるわけないだろ」

「それじゃ、ピッチャーが戸惑います」

「またお前は……細かいことを言うな」

 決してケンカをしているわけではない。しかし、ピッチングコーチの権藤博とブルペンコーチの村田善則の間では、こんな激しい議論が日常化していた。ブルペンにいた何人かのピッチャーは、またやってるよ、善さん、頑張れと、心の中で呟いていた。どのピッチャーも、それぞれの役割について、何も決めない、何も言われないという“権藤イズム”に戸惑い、ふざけんな、いつなんだよ、という不満を溜めていたからだった。村田コーチはこう言っていた。

「ピッチャーからも聞かれるわけですよ。準備したいから、どこで投げる可能性があるのかを早く知りたいって……そりゃ、そうですよね。でも権藤さんは試合の動きによってピッチャーをセレクトしていくんです。試合は生きものなので、この打線の流れならこのピッチャーのほうが勢いを止められるとか、そういう中で決めていく。どこで行くかわからないから、ムダな準備をさせるな、早くから準備させるなと……でも、そういうわけにはいきませんからね。権藤さんの考えてることを感じながら、次はこうなるって考えて、僕の判断で準備させました。そうすると権藤さんには、またお前はって怒られるんですけどね(笑)」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1400文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。
権藤博
村田善則
牧田和久
則本昂大

プロ野球の前後の記事

ページトップ