SCORE CARDBACK NUMBER

22歳で経験したWBCが鈴木誠也の糧になる。~変化を怖れない男にメジャーの空気はどう見えたか~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2017/03/31 07:00

22歳で経験したWBCが鈴木誠也の糧になる。~変化を怖れない男にメジャーの空気はどう見えたか~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

1、2次ラウンドでは5試合に出場して14打数3安打。今季は広島でのリーグ連覇を狙う。

 初めてのWBCに参戦した経験は、22歳の心と体に、他では代えがたい轍を刻んでくれた。鈴木誠也はドジャースタジアムでアメリカと戦う準決勝を迎える直前、こう言っていた。

「状態は悪くないんですけど、ゲームの中でうまくイケてない部分があるんで、早く自分の感覚を取り戻したいです」

 小久保裕紀監督が「成長のスピードが凄まじい」と絶賛して日本代表に加えた鈴木が昨シーズン、残した数字は打率.335、ホームラン29本、16盗塁。山田哲人が2年続けて成し遂げたトリプルスリーに続くだけの高いポテンシャルの持ち主だというところは、誰もが認めている。鈴木はこうも言っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 634文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<WBC2017>侍ジャパン、激闘の記憶。
鈴木誠也
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ