Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載>中田英寿「思いのままに。」~なぜ試合後にピッチへ倒れたのか~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

posted2010/05/27 10:30

<ナンバーW杯傑作選/'06年7月掲載>中田英寿「思いのままに。」~なぜ試合後にピッチへ倒れたのか~<Number Web>

 ブラジル戦を終えた後、ピッチに大の字になって、中田英寿が“ひとり”で泣いていた。

 声をかけたのはキャプテンの宮本恒靖だけで、他の選手は目をそらすようにして控え室に消えていった。もしブラジル代表のロナウジーニョが試合後に泣いていれば……みんなが寄り添い、肩を叩いて励ますはずである。このW杯では、最後まで中田のまわりに輪はできなかった。

 結局、中田はリーダーになれなかった。

 バスから降りてくるとき、乗り込むとき、談笑している他の選手とは距離を置いて、アイポッドを片手にひとりで歩いていた。

 中田なりに溝を埋めようと努力はしていた。

 クロアチア戦で川口がPKをストップしたとき、ものすごい勢いで川口に抱きついた。ブラジル戦で玉田が先制点をぶち込んだときは、ピッチの反対側からわざわざ駆けつけて、玉田の頭を叩いて喜んだ。

 日本代表の練習では、最後にシュートをして、決めたものから練習を切り上げるジーコ流の締めくくり方がある。ボン合宿2日目、みんなが列を作っているとき、中田が猛然とダッシュして先頭に割り込んだ。茶目っ気たっぷりに。

 だが、「割り込むなよ」と笑顔で突っ込んでくれたのは三都主だけで、他の選手は何事もなかったかのように見ぬフリをした。中田が恥ずかしそうに出したサインは、ボンの空にあっさりと霧散してしまった。


 中田にとって、ジーコジャパンは我慢の連続だった。

 まずポジションのしがらみ。昨年のコンフェデ杯のときに、中田は言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2137文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

強国燃ゆ。

Sports Graphic Number 2006/7/12臨時増刊

強国燃ゆ。

 

中田英寿
ドイツW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ