Number PLUS SpecialBACK NUMBER

<歴史を紡ぐ者>リオネル・メッシ「雪辱を期す24年後の“10番”」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/05/13 06:00

<歴史を紡ぐ者>リオネル・メッシ「雪辱を期す24年後の“10番”」<Number Web> photograph by Getty Images
 バロンドールに輝いたアルゼンチンの怪物は、かつてマラドーナが君臨した領域に駆け上がる。
 後悔にまみれた4年前の思いを胸に、バルサの10番は南アフリカへ乗り込んでいく。
 自らに残された最後の栄冠を手にするために。

 4年前のベルリンで見た光景を、リオネル・メッシは忘れることができないという。

 準決勝進出がかかった、ドイツとの一戦。1-1で進んだ試合は延長戦でも決着が付かず、勝負はPK戦へと持ち込まれた。

 エステバン・カンビアッソが蹴った最後のペナルティーキックを、メッシは遠くベンチから眺めていた。

 そのキックはイェンス・レーマンに綺麗に弾かれ、そしてアルゼンチンの大会敗退は決まった。

 英雄となったゴールキーパーの下へ走っていくドイツ人たち。両手で顔を覆い泣き崩れるカンビアッソを遠目に、ベンチ前のメッシはうつむいていた。

「あの時はドイツに勝って準決勝にいけると信じていたんだけど……。もちろん、ドイツ戦でもチームを助けるためにピッチに立ちたかった。それだけにあの敗戦はショックだったんだ」

 この試合、メッシがピッチに立つことはなかった。


 ドイツワールドカップでホセ・ペケルマン監督が攻撃陣の軸としたのは、“10番”を付けるフアン・ロマン・リケルメと、エルナン・クレスポ、ハビエル・サビオラ、カルロス・テベスの4人だった。

 メッシの起用を望む世間に対し、ペケルマンは「メッシは怪我明けだ。ベストの状態だったら考慮するが」と口にしていたが、大会前からメッシ抜きの構想は固まりつつあった。

こちらは雑誌『Number PLUS』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3850文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯蹴球読本

Sports Graphic Number PLUS June 2010

南アフリカW杯蹴球読本

 

リオネル・メッシ
南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ