SCORE CARDBACK NUMBER

昭和プロレス事件簿を飾った信念の男・マサ斎藤を偲んで。~タフの権化、「プロレスはパワーと度胸だよ」~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/08/29 07:00

昭和プロレス事件簿を飾った信念の男・マサ斎藤を偲んで。~タフの権化、「プロレスはパワーと度胸だよ」~<Number Web> photograph by AFLO

'90年、ラリー・ズビスコを破り、AWA世界ヘビー級王座に。戒名はリングネームと同じ「マサ斎藤」とされた。

 タフの権化だったマサやんでも、身体機能を侵される難病には勝てなかった。

 1964年の東京オリンピック、レスリング代表のマサ斎藤さん(本名・斎藤昌典)が7月14日、パーキンソン病で亡くなった。享年75。筆者とは半世紀を越す付き合いだった。

 故サンダー杉山さん(杉山恒治)とともに、オリンピック代表のプロレス転向第1号選手だ。17年に及ぶ闘病生活にも関わらず、リハビリを「トレーニングだ」と言い、「GO FOR BROKE(当たって砕けろ)」をモットーに掲げた。2年後に迫った東京オリンピックを楽しみにしていたが、その願いは叶わなかった。さぞかし無念だろう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

マサ斎藤
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロレスの前後のコラム

ページトップ