SCORE CARDBACK NUMBER

東京五輪メダル獲得を目指して常にポジティブ、大竹風美子。~女子7人制ラグビーで与えられた謎の肩書きとは~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2018/08/18 10:00

東京五輪メダル獲得を目指して常にポジティブ、大竹風美子。~女子7人制ラグビーで与えられた謎の肩書きとは~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

高3の時、体育のバスケの授業でボールを持って走り出したのが転向のきっかけ。現代の「エリス少年」伝説だ。

 肩書きがふるっている。

「ポジティブリーダー」

 サクラセブンズことラグビー女子7人制日本代表、大竹風美子に与えられた「役職」だ。

 現在、日体大の2年生。ラグビー競技歴はまだ1年半ながら、7月にサンフランシスコで開かれた7人制ワールドカップ(W杯)の日本代表に選ばれ、パワフルかつスピード感満点のプレーを披露。過去2度のW杯に全敗で終わっていた日本女子は初勝利をあげ、10位まで躍進。その原動力が19歳の大竹だった。

 大竹が「ポジティブリーダー」に指名されたのは、W杯を目前に控えた国内合宿からだった。猛暑の中、ハードな練習を終えたグラウンドにアップテンポのレゲエが流れると、平均年齢20歳強の選手たちはリズムにあわせ、コミカルな振り付けを踊りながらクールダウン。ピッチには笑顔が溢れていた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

大竹風美子
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後のコラム

ページトップ