SCORE CARDBACK NUMBER

3つの意味を持つジェラードの監督就任。~スコットランドから来たオファーに「特別なものを感じた」~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/28 15:00

3つの意味を持つジェラードの監督就任。~スコットランドから来たオファーに「特別なものを感じた」~<Number Web> photograph by Getty Images

来季から指揮を執る37歳の若き指揮官。契約期間は4年。レンジャーズは今季国内リーグ戦37試合消化時点で3位。

 一本の電話がアンフィールドに鳴り響いた。4月下旬のことだ。

 スティーブン・ジェラードを監督として迎えたい――。それはグラスゴー・レンジャーズからの連絡で、リバプールの幹部はすぐに当時U-18の監督を務めていたジェラードに伝えた。彼は即答したという。

「つないでください」

 ジェラードがレンジャーズの監督に就任することが決まった。いわく、「引退後、監督、第二監督、コーチなど8つの誘いを受けたけど、レンジャーズには特別なものを感じた」。

 ファンも若き指揮官に特別な何かを感じている。アイブロックス・スタジアムでのお披露目には平日にもかかわらず7000人のファンが駆けつけ、あまりの喧騒に警察は近辺の道路を封鎖した。スコットランドサッカーにとってもジェラードの存在は大きなプラスだ。中村俊輔がセルティックでプレーしていた10年ほど前、同リーグは黄金期にあり、2強がCLラウンド16に進出することも珍しくなかった。しかしその後の低迷期から抜け出せず、レンジャーズに至っては経営破綻で4部から再出発したほどだ。レンジャーズのキング会長は「ジェラードのファンは中国にも、タイにも、インドネシアにもいる。誰もが彼の監督としての初挑戦に注目する。この国のサッカーにとっても大きなこと」と自負する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 351文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~
スティーブン・ジェラード
グラスゴー・レンジャーズ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ