SCORE CARDBACK NUMBER

夢の4割バッター誕生へ。近藤健介はフル出場できるか。~栗山監督の頭の中にはすでにプランが~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/27 06:00

夢の4割バッター誕生へ。近藤健介はフル出場できるか。~栗山監督の頭の中にはすでにプランが~<Number Web> photograph by Getty Images

11月に行なわれたアジアプロ野球チャンピオンシップでは全3試合で侍ジャパンの3番に座り打率.583をマーク。

 前人未踏の領域に足を踏み入れられる選手は、そう多くはない。ファイターズの近藤健介はそんな中の一人である。彼は2017年、“打率4割”という夢を見せてくれた。もちろん日本プロ野球界で過去、誰一人としてこの領域に辿り着いたものはいない。

 痛めた左ヒザへの不安がなくなった近藤は、'17年のシーズン、6月に入っても打率4割をキープしていた。大谷翔平がケガで戦線を離れて以降、3番、DHに定着し、150打数61安打、打率.407。50試合に出場しての打率4割台は、張本勲の46試合を超える球団新記録だった。当時、近藤は打率4割について、こんなふうに話していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 630文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<総力特集>VOICE of 2017-18

Sports Graphic Number 942

<総力特集>
VOICE of 2017-18

 

北海道日本ハムファイターズ
近藤健介
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ