SCORE CARDBACK NUMBER

悲劇もハンデも乗り越えた、トーマスの大きなハート。~低身長のアイバーソンの言葉を心の支えに~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/06/07 16:30

悲劇もハンデも乗り越えた、トーマスの大きなハート。~低身長のアイバーソンの言葉を心の支えに~<Number Web> photograph by Getty Images

トーマスの精神力についてはコービー・ブライアントも「彼のメンタルの強さは史上最高クラスだ」と絶賛した。

 かつて、アレン・アイバーソンは言った。

「大事なのは身体の大きさではない、ハートの大きさだ」

 20年前の名言は、今も変わらぬ真理だ。アイバーソンよりも8cm低い、身長175cmのアイザイア・トーマス(ボストン・セルティックス)も、子供の頃からこの言葉に勇気づけられてきたという。


 6年前、ドラフト最後の60位指名でぎりぎりNBAに滑り込んだトーマスは、その後、2度もトレードされながら、自らのスキルを磨き、単なるスコアラーから味方を率いて勝利に導けるリーダーへと成長した。今季平均28.9得点はリーグ3位。勝負強く、試合終盤の第4Qの得点(平均9.8点)はリーグ2位だった。セルティックスが東カンファレンス首位になった立役者であることは間違いない。周囲の評価もうなぎのぼりで、2年連続でオールスターに出場し、シーズン後にはオールNBAセカンドチームにも選ばれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 484文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

サッカー日本代表 35人の物語。

Sports Graphic Number 928

サッカー日本代表 35人の物語。

 

アイザイア・トーマス
ボストン・セルティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ