SCORE CARDBACK NUMBER

バルサ下部組織に戻る若手。久保の復帰を夢見る地元。~優れた才能を、バルサは決して見捨てない~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/02/17 11:30

バルサ下部組織に戻る若手。久保の復帰を夢見る地元。~優れた才能を、バルサは決して見捨てない~<Number Web> photograph by Getty Images

昨年は14歳でFC東京U-18に飛び級昇格。11月にJリーグ史上最年少出場記録を塗り替えた。

 1月上旬、FC東京の久保建英がバルセロナに“一時帰国”し、下部組織の元チームメイトと数日間練習したというニュースが、バルサ周辺で話題になった。地元では、「タケはいつかバルサに戻ってくる」と期待は膨らんでいる。

 その根拠のひとつは、ある選手の帰還にある。1月中旬、ひとりの選手がバルセロナの下部組織に戻ってきた。

 パトリス・ソウシア(カメルーン)。2012年に元バルサのFWサミュエル・エトーが作った『エトー財団』からバルサ下部組織入りした選手だ。エトー譲りのゴール嗅覚に期待は高まったが、18歳未満の外国人選手を獲得・登録してはならないというFIFA規定に反したとして'15年にバルサを去らざるをえなかった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

FC東京
久保建英
バルセロナ
パトリス・ソウシア

Jリーグの前後のコラム

ページトップ