SCORE CARDBACK NUMBER

訃報に記憶が甦る――猪木対アリの“現場”。~日本プロレス界への貢献度~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2016/06/26 17:00

訃報に記憶が甦る――猪木対アリの“現場”。~日本プロレス界への貢献度~<Number Web> photograph by Essei Hara

2014年に『燃えろ!新日本プロレス』シリーズ(集英社)でDVD化された際にも話題に。

 20世紀を代表する大スター、モハメド・アリさんが遂に力尽きた。プロボクシングの元世界ヘビー級王者は6月3日、米アリゾナ州フェニックスの病院で敗血症で亡くなった。74歳だった。

 40年前のメモリーが甦る。あの世紀の一戦といわれた1976年6月26日、東京・日本武道館で行われたアリvs.アントニオ猪木の異種格闘技戦。主催は新日本プロレス、NETテレビ(現・テレビ朝日)、東京スポーツ新聞社。当時、筆者は東スポのプロレス担当、いわば当事者である。決戦前夜の25日からアリ陣営の宿舎ホテルに張りつき、喧騒と興奮の渦の真っ只中にいた。現場で雑用に追われ、何が何だかわからぬうちに2日間が過ぎた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 631文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO 2016 FRANCE日本代表が語る優勝国予想。
モハメド・アリ
アントニオ猪木

ボクシングの前後の記事

ページトップ