Before The GameBACK NUMBER

アリには地球のすべてが街だった。~アリは変わらない、変わったのは時代と評価~ 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byBob Gomel/Getty Images

posted2016/06/22 08:00

アリには地球のすべてが街だった。~アリは変わらない、変わったのは時代と評価~<Number Web> photograph by Bob Gomel/Getty Images

アリ22歳。1964年2月24日、世界ヘビー級統一王者ソニー・リストンとのタイトルマッチ前夜の表情。

 消せない記憶を世界に刻みつける。しかし、本人の記憶はへっちゃらで屈折する。それが芸術家だ。それがファイターだ。それがカリスマだ。それが天才なのである。

 モハメド・アリ、若きカシアス・クレイは、生まれ育ったケンタッキー・ルイビルでの人種差別に憤り、ローマ五輪の金メダルをオハイオ川に投げ捨てた。アリをアリであらしめた逸話だ。

 どうやら嘘である。ただし世界(そう記すしかないのだ)が信じたのも無理はない。


 ローマから故郷へ凱旋した15年後、1975年に出版された自伝『The Greatest, My Own Story』にアリその人の述懐がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1019文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

EURO 2016 FRANCE日本代表が語る優勝国予想。
モハメド・アリ

ボクシングの前後の記事

ページトップ