SCORE CARDBACK NUMBER

甦った“アスリートの本能”。ベテラン・加藤条治の復活。~1年8カ月ぶりの実戦でまさかの表彰台~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2015/11/11 16:30

甦った“アスリートの本能”。ベテラン・加藤条治の復活。~1年8カ月ぶりの実戦でまさかの表彰台~<Number Web> photograph by Takao Fujita

30歳になった加藤。3季前に記録した500mの日本記録34秒21はまだ塗り替えられていない。

 たった1本のレースで身体中の記憶を甦らせた。トップスケーターは、やはりひと味違っていた。

 スピードスケートの国内開幕戦となる全日本距離別選手権(10月23~25日、長野市エムウェーブ)男子500mで、2季ぶりに公式戦に復帰した加藤条治(日本電産サンキョー)が3位になり、W杯前半戦の代表入りを果たした。

「まさか、この状況で表彰台に上がるとは。ビックリです」

 昨季の実績がないため、単独滑走となった1本目。本来の滑りからはほど遠いながらも35秒734で5位になり、相好を崩した。

「動きがスローモーションのようで、自分が何をしているのか分からないくらい。でも、想像よりもタイムが良くて、テンションが上がっちゃいました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL FINAL 2015

Sports Graphic Number 889

BASEBALL FINAL 2015

 

加藤条治

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ