SCORE CARDBACK NUMBER

デュラントが3度の手術で手に入れた“一番の財産”。~バスケットにまつわる1つ1つの事柄への愛を再確認~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/10/07 06:00

デュラントが3度の手術で手に入れた“一番の財産”。~バスケットにまつわる1つ1つの事柄への愛を再確認~<Number Web> photograph by Getty Images

個人よりもチームを尊重するプレーが多く、怪我の間もベンチでメンバーに声援を送った。

 ケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)にとって、今年のクリスマスは8月にやってきた。アメリカ代表のトレーニングキャンプで、NBAのトッププレイヤーたちと共に練習した時がそうだった。

「子供の頃のクリスマスを覚えているかい? まるで、そんな感じだった」と、デュラントはその興奮を描写した。クリスマス前の子供のように、何日も前から指折り数えて待っていたに違いない。それほど楽しみだった。

 思い返せば、最近は何をやってもうまくいかない1年だった。去年10月、開幕前に右足を骨折。それから半年の間に3度も手術を受けた。最初に入れたボルトで炎症が起きて、2度目の手術でボルトを交換。3月には再び骨に亀裂が入り、補強の処置をしている。そのため、昨シーズンはわずか27試合にしか出場できず、チームも1勝及ばずにプレイオフを逃している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 505文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<サッカー欧州組総力特集>俺が変われば日本は変わる。
オクラホマシティ・サンダー
ケビン・デュラント

バスケットボールの前後の記事

ページトップ