SCORE CARDBACK NUMBER

慶應ラグビーの枠を超えた上田昭夫の濃密なる生涯。~日本ラグビーの最前線を走り続けた男~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2015/09/02 06:00

慶應ラグビーの枠を超えた上田昭夫の濃密なる生涯。~日本ラグビーの最前線を走り続けた男~<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

2009年12月、小誌746号の取材で故・石塚武生さんの思い出について語っていた上田さん。

 小柄な身体からは、いつも無限のエネルギーが発散されていた。

 上田昭夫さんはいつも速足で歩き、マシンガンのように熱い言葉を吐き出した。周囲に目配りを続け、選手の行動や意識の僅かな変化も見逃さなかった。いつも、強くなるための方法を探していた。立ち止まることを知らなかった。

 31歳で初めて慶大ラグビー部の監督に就任。付属校出身者が大半を占めるチームを猛練習と最先端のウエイトトレーニングで鍛え上げ、1年目に対抗戦で全勝優勝。2年目は日本選手権で、自身の勤務先であるトヨタ自動車を破り、慶大を初のラグビー日本一に導いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 667文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

特集 本田圭佑僕は日本人の血を信じている。
上田昭夫
慶應義塾大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ